日本語対応トリミングフィルタ

talk to oneself 2より

見れば、エントリーのタイトルが長すぎて、折り返し表示されているところが多い。ここを決めた文字数で切れれば、スペースを稼げるんだが……。
 そう思って探してみたら、以下の記事でビンゴ。

M’s folder: MT 長いタイトルをトリミングするより

そこで、EUC-JP限定だが、日本語対応のフィルタを作ってみた。

MT標準のtrim_toだと日本語文字コードに対応していないため、イケナイところでぶった切ってしまう。そんなわけで僕もtrim_toは利用しないようにしていたのですが、太鉄さんがなにやら見つけたご様子。しかし、そこには「EUC-JP限定だが」の一文が・・・。

うちはUTF-8なんですが、ここであきらめるのもいやなので、他の文字コードにも対応してみました。JcodeでEUC-JPに変換し、フィルタ後元の文字コードに戻すようにしてるだけです。ただし、UTF-8&Jcode.pmな環境でしか動作チェックしてません。

2004/3/1追記:このソースにはバグがあります。最新版はこの記事を参照してください。

# 指定された文字数(半角文字数)にトリミングするフィルタ
package MT::Plugin::Trimj;

use MT::Template::Context;
use MT::ConfigMgr;

MT::Template::Context->add_global_filter(trimj_to => sub {

  my($str, $nstr, $ctx) = @_;
  my $sippo = '...';

  my $lenstr = length($str);
  if($lenstr < = $nstr) { 
    return $str;
  }

  my $c = MT::ConfigMgr->instance->PublishCharset;
  my $conv_in;
  if (lc $c eq lc 'Shift_JIS') {
    $conv_in = 'sjis';
  } elsif (lc $c eq lc 'ISO-2022-JP') {
    $conv_in = 'jis';
  } elsif (lc $c eq lc 'UTF-8') {
    $conv_in = 'utf8';
  } elsif (lc $c eq lc 'EUC-JP') {
    $conv_in = 'euc';
  }

  my $jcnv;
  eval 'use Jcode;';
  if($@){
    require 'jcode.pl';
    $jcnv = 'jcode::convert';
  }else{
    $jcnv = 'Jcode::convert';
  }
  if ($conv_in ne 'euc') {
    &$jcnv(\$str, 'euc', $conv_in);
  }

  my $out = substr($str,0,$nstr);

  if ($out =~ /\x8F$/ or $out =~ tr/\x8E\xA1-\xFE// % 2) {
    chop $out;
    if($out =~ /\x8F$/){
      chop $out;
    }
  }
  $out .= $sippo;
  # 尻尾を付けたくない場合は、コメントアウトのこと。

  if ($conv_in ne 'euc') {
    &$jcnv(\$out, $conv_in, 'euc');
  }

  return $out;
});

1;

13 Comments

  • Pingback: 人生迷い箸

  • Pingback: 人生迷い箸

  • Pingback: kinoの旅

  • Pingback: COLOR NO.A

  • Pingback: Blog VINAPARK

  • Pingback: デジタル番長

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。