Poser4のバンプマップファイル(.bum)

Poserのバンプマップファイル(.bum)について、自分で作成する方法を調べていたところ、以下のような方法がある掲示板中に見つかったのでメモ。(元は英語なので適当に意訳)

グレースケールイメージに変換してJPGで保存すれば、Bumpファイルとしてそのまま利用できる。ただし、Poser4 Pro PackかPoser5の場合。このJPGをZIPに含まなければならない。

Poser4では、.bumファイルにする必要がある。

.bumファイルはBMPファイルである。したがって、それはとても大きいので、ZIPファイルに含めない方がよりよい。

Poser4 ユーザーは、JPGを.bumファイルに変換することができる。(Poser4ユーザーはバンプマップとしてJPGを選択すると、Poserがコンバートするかどうか訊ねてくるので、「Yes」を選択する)

テスト、あるいはPoser4ユーザーだけにダウンロード可能なZIPを分けて配布するために.bumファイルを作成したい場合、PhotoShopでは以下のようにする。

  1. True Colorからグレースケールに変換する(セーブしないこと!)
  2. Blueチャネルを選択
  3. Blueチャネル全体を黒で塗りつぶす
  4. Redチャネルを選択
  5. Redチャネルにエンボスフィルタをかける(Angle 180 , Height 1, Amount 100)
  6. Greenチャネルを選択
  7. Greenチャネルにエンボスフィルタをかける(Angle -90 , Height 1, Amount 100)
  8. RGBチャネルを選択
  9. イメージをBMPとして保存
  10. *.bmpを*.bumにリネーム

ZIPに含む云々というのは、キャラクタデータなどをZIPアーカイブで配布する場合、どのような形式でアーカイブして置けばよいのかということを言っているんだと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。