アルコール依存症

アルコール依存症82万人、成人男性の2% 厚労省推計 – asahi.com : 社会より

飲酒をやめたくてもやめられないアルコール依存症の人が推計で国内に82万人いることが、厚生労働省の研究班(班長=樋口進・国立病院機構久里浜アルコール症センター副院長)が世界保健機関(WHO)の基準に基づき行った、初の全国調査で明らかになった。これまで公式な数としては厚労省の患者調査しかなく、入院・外来合計で1万7100人(02年10月現在)とされていた。

これを見て思うのは、やっぱりアルコール依存症の本人や家族の“自覚”が薄いんじゃないかってこと。仮にこの推計が正しいとして、入院/外来で病院の門を叩く人は罹患者のおよそ2%。残りの98%は潜在的なアルコール依存症患者、ということになります。

依存症の患者って結構、自分が依存症であることの自覚や問題意識が薄かったりするんですよね。「俺は依存症なんかじゃない」と言い張ったり、受診を勧めても「俺をキ○ガイ扱いするのか!」などと言ったりね。

治療の第一歩は、まず本人と周囲(家族)が「依存症である」と自覚すること。依存症と向き合うこと。

でも、それが結構大変なことだったりします。

そこで、asahiの記事中にも登場してくる国立久里浜病院が公表している、「KAST(=久里浜式アルコール症スクリーニング・テスト)」という飲酒状態の自己診断法があります。下記のサイトではWeb上で簡単に自己診断できるようになっていますので、お酒が大好きな方は試しにやってみてはいかがでしょうか。

http://www.kurihama.net/kast.htm

ただ、たとえ依存症ではなかったとしても、飲んで周りの人に迷惑をかけることが多くなったと感じたら酒はやめるべきだと思います。依存症じゃないのなら止めるのは簡単なんだし。:-b

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。