RMTの下請け

オンラインゲームのアイテム収集に「下請け労働者」が出現

欧米では近ごろ、ゲーマーたちでさえ、単調で骨の折れる作業を中国やロシアといった他の地域に下請けに出している。

RMT(リアルマネートレード)ってのはありましたが、要するにそのRMTを利用して「レア・アイテム収拾」などの「単調で骨の折れる作業」を、労働力のより安価な地域(ロシアや中国)へ外注するっていう話。

RMT自体に関しても賛否両論あると思いますが、まあそれはこの際置いておくとして・・・。

ここまでやりますか、と脱帽しました(苦笑)

参考

日本のRM(RMT、現金取引)の歴史 : RMTという言葉が生まれた場所
※Historyのリンクをたどると読めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。