SkypeAPI を使ってみた

Skype API を利用してみました。現在テスト用のアプリを作って色々試してます。

今のところ API で可能なことは、Skype の制御。起動しているSkypeをフックして操作するようなイメージです。Skype のウィンドウをオープン/クローズしたり、Skype はタスクトレイにしまったまま一通り同じことができる UI を作成することができるような感じですかね。

なので、USB デバイスからの入力で Skype を制御するには良いかもしれない。というか、そういう想定した API なわけですよね。ですから API だけでは、音声データの保存や加工などといったことはできないみたい。

ただ API の AUDIO_* コマンドを使えばオーディオデバイスを切り替えることができるようなので、仮想サウンドカードドライバと絡めればその辺りはうまくやれば実現できるのかもしれないけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。