W-ZERO3[es]をPremium Version相当にするアップデータがリリース

SHARP W-ZERO3 > サポート/Q&A > ダウンロード

W-ZERO3[es]をPremium Versino相当にするアップデータがリリースされていたのでアップデートしてみました。バージョンは 1.50a。

WS007SH 本体バージョン1.50a アップデート内容の詳細についてによれば、

  • ホームメニュー機能の追加
  • 名刺リーダ機能(機能限定版)の追加
  • W-ZERO3メールのバージョンアップ

となっています。名刺リーダ機能は限定版のようで、データの読み取りはできるけど連絡先に登録しようとすると「連絡先に登録するにはライセンスの購入が必要です」というメッセージがでて登録できません。

ということで実際に利用することは出来ませんが、しばらく使ってみて使い勝手や認識率を確認してみたいと思います。

ちなみに自分の名刺で試してみたところ、

  • 部署名
  • 氏名(姓,名)
  • e-mail
  • 社名
  • 住所(郵便番号,県,市,番地)
  • 電話番号
  • FAX
  • URL

などをばっちり認識してくれました。結構、いいかも。

ただ僕の名刺は両面刷りで日本語/英語表記になっているのですが、英語表記の方はからっきダメでした。他の英語表記の名刺もだめ。特に項目の分類なんかは無茶苦茶な感じです。まあ日本語向けにチューニングしてあるわけなので仕方ないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。