ポネット

ル・シネマにて映画『ポネット』を観る。今度こそと思い、早めに家を出たのでなんとか観ることができた。

4歳のポネットは交通事故で母親を失ってしまう。残されたポネットは「死」というものをまだよく理解できず、死んでしまった母親を待ち続ける。だがポネットは少しずつ母の『死』を現実的に理解しはじめ、その事実と真摯に向き合えるようになる。

無邪気さや無垢さの裏側に隠された子供特有の「残酷さ」や、形而上学的な事物に対してなんとか答えを見つけようとする子供達の「苦悩」。この映画で我々が目の当たりにするそういったものは、大抵の大人が幼い頃経験したことがあるに違いない。子供だって子供なりに世の中を解釈しようともがき苦しんでいるのだ。

確かに主演のヴィクトワール・ティヴィゾルの演技は驚異的あり、他の子役とは明らかに一線を画していた。子供たちの話すフランス語も、とても奇麗だった。

とても素晴らしい映画だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。