IEのバグ

HepCatさんのサイトに、下記のような情報がありました。

HepCat Dev and Testより

Blogの広がりと共に、サイトのエンコーディングがUTF-8のページが多くなって来ました。が、またまたIEのバグにより思わぬ落とし穴がありました。
HTTP/1.1 302 Found
Location:http://www.hoge.hoge
でリダイレクトされるとIEはUTF-8のページの文字コードを誤認識します。

なるほど。これは知りませんでした。

加えて、こんなバグもあるようです。

Windows XP SP2 を適用すると Web ページで文字化けが発生する

SP2ではUTF-8 以外のエンコードでも、文字化けする問題があるようです。確認はしていませんが、上記のサイトに「本現象はコンテンツを UTF-8 でエンコードすることにより回避することができる可能性があります」と記述されていることから考えて、IEのメニューからエンコードを正しく選択しなおすくらいでは回避できないのかもしれません。

色々ありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。