The Musical Baton

なかよしこよし」のこだるまさんから Musical Baton を受け取りました

はてなダイアリー : Musical Baton とは より

海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。

音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の 5 人を選びその人にバトンを渡す、というルール。

そのうちくるかなと思っていましたが、とうとうやってきました。17日の夜に仕事を終えて、家に着いてから書こうと思っていたのですが、色々忙しくて今になってしまいました。

ということで、早速書いてみたいと思います。


The Musical Baton

◆Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

728MB。iPod Photo も僕の手元から旅立ってしまい、現在ポータブルオーディオは持っていません。したがってそのときの残骸のようなデジタルオーディオデータがそのまま残っています。

◆Song playing right now (今聞いている曲)

今聞いている曲、ではないのですが、最近車の中で毎日聞いているのは FREE の「Fire And Water」というアルバム。ポール・ロジャースの声、歌はやっぱりいいですね。今確か、QUEEN と共にツアーしています。もちろんポール・コゾフのギターも大好きです。

Fire and Water

◆The last CD I bought (最後に買った CD)

Amazonで買ったレイチェル・ヤマガタの「ハプンスタンス」が最後です。跳ねるようなピアノが印象的で、フィオナ・アップルとノラ・ジョーンズを足して二で割ったような声、と評判だったので買いました。でも、僕の印象ではノラ・ジョーンズというよりキャロル・キングっぽい感じ。

ハプンスタンス

◆Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

1. Sweet Virginia – Rolling Stones

ギターを始めた頃、初めてなんとか通して弾けるようになった曲。大好きな、思い入れのある曲です。

Exile on Main Street

2. Willin’ – Gene Parsons

Willin’ はリトル・フィートのローウェル・ジョージが書いた名曲。よく聴くのは元バーズのメンバー、ジーン・パーソンズのソロ・アルバム「キンダリング」に収録されたカバー・バージョンです。

キンドリング

3. Summer Time Blues - Eddie Cochran

就職する前に池袋でブラブラしていた頃、某ドーナツ屋で毎日のように本を読んですごしてました。おかわり自由なコーヒーと、アップルパイを頼んで朝から晩まで粘るのですが、その頃ちょうど店内の有線で頻繁にかかっていたのがこの曲です。The Who のカバーも有名です。

カモン・エヴリバディ~ベスト・オブ・エディ・コクラン

4. Ooh La La – Faces

現 The Rolling Stones のギタリスト、ロン・ウッドが歌っている曲。思い入れはそれほど強くありませんけど、好きなのでよく聴きます。

ウー・ラ・ラ

5. Angel – Jimi Hendrix

Little Wing ももちろん素晴らしいですが、この曲もよいです。

ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン

◆Five people to whom I’m passing the baton (バトンを渡す 5 名)

特にメールなどでのお願いはいたしませんのでこのエントリーを読んで、気づいていただけた方にバトンを受け取っていただければ、と思います。

チェーメールのみたいなものなので、もちろんスルーして頂いてもまったく構いません。m(_,_)m

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。