Sleipnir作者が会社設立

ITmediaニュース:Sleipnir作者が会社設立、ブラウザ標準目指すより

タブブラウザ「Sleipnir」の作者・柏木泰幸さんは6月21日、Webブラウザ開発を手がける企業「フェンリル」を設立したと発表した。「ブラウザにおけるデファクトスタンダードを目指す」としている。Sleipnir後継ブラウザのアルファ版を6月末、ベータ版を7月中旬に公開する予定だ。

新会社は6月13日付けで株式会社として設立。資本金は1000万円。

Sleipnirの開発者が株式会社を設立したようです。ということはひょっとして、Sleipnir後継ブラウザはフリーではなくなる……?

と思ったのですが、作者のブログによれば、

フェンリル株式会社も、今まで私個人がリリースしてきたような方法でソフトウェアをリリースしていきたいと思っています。(もちろん次期タブブラウザもフリーソフトとして公開します)

とのことで、次期タブブラウザもフリーソフトとして提供されるそうです。

【関連リンク】

7 Comments

  • Pingback: filament

  • Pingback: ぬるいSEの生態

  • Pingback: ネットカルチャー概論

  • Pingback: ぬるいSEの生態

  • Pingback: ぬるいSEの生態

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。