RETURN TO SIN CITY : Tribute to Gram Parsons

しばらく前に友人から借りた DVD 「Return to Sin City: Tribute to Gram Parsons」を観た。

Return to Sin City: Tribute to Gram Parsonsインターナショナル・サブマリン・バンド、バーズ、そしてフライング・ブリトー・ブラザーズとカントリー・ロックの歴史を作りあげたグラム・パーソンズのトリビュート・ライブ。「Six Days On The Road」で幕を開け、スティーブ・アールやドワイト・ヨーカムなどが数々の名曲を歌っていく。

中盤、グラムの娘さんが手紙を読み上げるシーンでは胸に熱いものが込み上げる。

ノラ・ジョーンズがピアノで歌い上げる「She」も良かったが、次に登場したキース・リチャーズがノラと「Love Hurts」をデュエット。グラムと公私共に関係が深かっただけに、キースの登場で会場も盛り上がりを見せる。

続けて「Hickory Wind」を歌った後、キースを中心に全メンバーで「Wild Horses」を演奏。これには思わず目頭が熱くなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。