VMWare Player で仮想マシンを構築する

Free 配布が始まった VMWare Player を使って、新しい仮想マシンが構築できるらしい。

方法は大きく分けて次の 2 つ。

  • Virtual Machine Center で配布されている OS イメージを使って別の仮想マシンを構築(というよりも既に構築済みの仮想マシンに別の OS を再インストールするようなイメージ)する

  • QEMU などを使って VMWare 用の仮想ディスクイメージを作成し、そこに OS をインストールする

通常の CD からインストールする場合、vmx ファイルは

ide1:0.fileName = “auto detect”
ide1:0.deviceType = “cdrom-raw”

のままで VMWare Player を起動し、ブート画面で ESC を押すなどして CD-ROM ブートからセットアップすればよい。

ISO イメージからインストールする場合には DAEMON Tools などでマウントするか、あるいは vmx ファイルを修正して

ide1:0.fileName = “iso ファイルのパス”
ide1:0.deviceType = “cdrom-image”

のようにすれば可能。

【参考サイト】

Similar Posts: