AC

パーソナリティー欠落や依存問題を抱えた親のいる家庭で幼少期を過ごした人たちが、大人になってから親と同じような問題を抱える事が多いことから、似たような成長環境にあった群を指してAC(アダルトチルドレン)と呼ぶ。

だが僕は、『私はアダルトチルドレンですから』なんてのは、単なる言い訳に過ぎないと思う。

自分がアダルトチルドレンと認識することで自身の問題を見極め、そしてコントロール不能である感情を享受することは礼賛されるべきだが、カミングアウトすることで他者に自分のパーソナリティーを受け入れさせようとするのは間違いだと思う。『俺が悪いんじゃない、周りが悪いんだ』というのは単なる、甘えた思い上がりでしかない。

幼児体験に支配された人生なんて糞だ。フロイトなんか糞くらえだ。アディクト(常用)する奴は、言い訳をいつも探してる。今日もどこかで甘ったれたAC達が、屁理屈をこねては寄りかかる場所を求めているはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。