日本語対応トリミングフィルタ(再度バグ修正)

kubotさんより、utf-8からeuc変換前に文字数を判断してしまうと、3バイトコードがあるときに希望する文字数を得られないのではないか、というご指摘を受けました。確かにそのとおりですね。kubotさん、ありがとうございました。

というわけで、修正したコード(ほぼ、kubotさんがコメントに書いてくださったコードそのままですが・・・)を載せておきます。以前のエントリーのソースは自戒の念を込め、追記のみでそのままにしておきます。

2004/3/29追記:このスクリプトはmuraさんの記事(M’s folder: MT 長いタイトルをトリミングする)で公開されているものをEUC以外の文字コードに対応するように改変したものです。

2005/9/30追記:Encodeモジュール版はこちら

# 指定された文字数(半角文字数)にトリミングするフィルタ
package MT::Plugin::Trimj;

use MT::Template::Context;
use MT::ConfigMgr;

MT::Template::Context->add_global_filter(trimj_to => sub {

  my($str, $nstr, $ctx) = @_;
  my $sippo = '...';

  my $tmpstr = $str;

  my $c = MT::ConfigMgr->instance->PublishCharset;
  my $conv_in;
  if (lc $c eq lc 'Shift_JIS') {
    $conv_in = 'sjis';
  } elsif (lc $c eq lc 'ISO-2022-JP') {
    $conv_in = 'jis';
  } elsif (lc $c eq lc 'UTF-8') {
    $conv_in = 'utf8';
  } elsif (lc $c eq lc 'EUC-JP') {
    $conv_in = 'euc';
  }

  my $jcnv;
  eval 'use Jcode;';
  if($@){
    require 'jcode.pl';
    $jcnv = 'jcode::convert';
  }else{
    $jcnv = 'Jcode::convert';
  }
  if ($conv_in ne 'euc') {
    &$jcnv($str, 'euc', $conv_in);
  }

  # 比較をここに移動
  my $lenstr = length($str);
  if($lenstr <= $nstr) {
    return $tmpstr;
  }

  my $out = substr($str,0,$nstr);

  if ($out =~ /x8F$/ or $out =~ tr/x8ExA1-xFE// % 2) {
    chop $out;
    if($out =~ /x8F$/){
      chop $out;
    }
  }
  $out .= $sippo;
  # 尻尾を付けたくない場合は、コメントアウトのこと。

  if ($conv_in ne 'euc') {
    &$jcnv($out, $conv_in, 'euc');
  }

  return $out;
});

1;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。