それは仕様です

既に各所で話題になっているので今更という感もある。それに僕はPSPユーザーでもないし、今のところ購入予定もない。そんなわけでこの問題に関しては静観していたのだけれども・・・。

日経BP : 「それがPSPの仕様だ」、久多良木SCE社長がゲーム機不具合騒動を一蹴

「使用する液晶画面はこれ以上小さくしたくないし、PSP本体もこれ以上大きくしたくなかった。ボタン位置も狙ったもの。それが仕様。これは僕が作ったもので、そういう仕様にしている。明確な意思を持っているのであって、間違ったわけではない。世界で一番美しいものを作ったと思う。著名建築家が書いた図面に対して門の位置がおかしいと難癖をつける人はいない。それと同じこと」

「これが、私が考えたデザインだ。使い勝手についていろいろ言う人もいるかもしれない。それは対応するゲームソフトを作る会社や購入者が、この仕様に合わせてもらうしかない」

やはり久多良木社長の日経ビジネスに対するこの回答には問題があると思う。僕もメーカー勤務のエンジニアとして、憂いを禁じえない。

実際に記事にあるような文脈で取材を行ったのであるならば、記者の質問はデザインについて言及しているわけではないのだから、氏のコメントは完全に的外れ。

好意的に見れば、単にデザイン上の文句を言われたのだ、と勘違いしているような気もする。あるいはデザインという観点にだけ言及することによって論点をずらそうとする意図があったか。

いずれにしても「著名建築家」を引き合いに出した例え話は単なる驕りでしかなく、最低。

< <参考>>

分解記事(□ボタンのズレが確認できる写真あり)

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1212/psp.htm
http://nintendods.exblog.jp/1499777/

□ボタン問題についてものすごく分かりやすい説明(画像)

http://amanoudume.s41.xrea.com/images/hanko.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。