画伯その後

こんなものまで売りに出される始末。

口の中等、細部まで執拗に「例の化け物」を再現しています。こういう「野卑で邪悪で粗雑な物件」を丁寧に真心込めて作ることの矛盾と難しさを知りました。

また「例の化け物」特有の 猛々しさ・禍々しさを表現するため、整形時に一度ツルツルに面研したものをわざわざハケ塗りという暴挙に。お陰で「例の化け物」らしいラフなフィニッシュとなりました。

作者のこだわりを感じました。落札額 500,010,000 円也。

【参考記事】

人生迷い箸 : はいだしょうこ画伯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。