イントラブログ・コンソーシアムが設立

ITmediaニュース:Blogの企業活用推進へ日立とSix Apartなどがコンソーシアムより

日立製作所とシックス・アパート、ドリコム、ネットエイジは2月1日、企業内イントラネット向けBlog「イントラブログ」活用を推進する「イントラブログ・コンソーシアム」を設立した。

日立とSix Apart、ドリコム、ネットエイジが「イントラブログ・コンソーシアム」を設立したというニュース。

コンソーシアムの公式サイトによれば、

イントラブログとは?

イントラブログは、日立製作所が2004年8月に発表したコンセプトであり、BlogやRSSリーダーを活用して社内での情報共有を実現するソリューションです。
マーケティングツールとしてBlogを使うだけでなく、グループウェアや社内ポータルの代用もしくは補完ツールとしての利用法がにわかに注目されつつあります。

とのこと。

でも Blog が「情報共有を実現するソリューション」なのだ、と言われてもいまいちピンとこないなあ。いや、例えば bulkfeedsFeedBackBlogPeople で提供されているようなサービスによって、各 Blog に蓄積された情報を横断的に利用できれば「情報共有」したことになるのだよ、と言うことなのかもしれないが。でも、それもちょっと違うような気がする。

要するに Wiki のような「情報そのものがブラッシュアップされていく」システムではないわけで、情報を共有するなら やっぱり Wiki ベースの方がしっくりくると思う。

仮にうちの社内で運用したとしたら、「社内ポータルの代用」程度で終ってしまうんじゃないだろうか。

でもまあ詳しく見てみないことには何とも言えないわけで、公式サイトの「イントラブログを疑似体験」するコーナーが開始するのを待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。